脇の毛の自己処理が原因

暖かくなって薄着の季節になってくると気になってくるのが脇のケアです。
ブツブツやザラザラが気になってノースリーブなんて絶対に着られないと
いう方も多いのではないでしょうか。

 

脇のブツブツ・ザラザラの原因の多くは間違った脇毛の自己処理によって
起こった乾燥や皮膚の炎症が原因です。

 

自分でできる処理としてはカミソリや毛抜きを使う方法がよくとられます。

 

カミソリの場合、石鹸やシェービングクリームで肌を保護してから
行うかと思いますが、それが十分でない場合は肌を傷つけてしまう
おそれがあります。

 

また剃ったあとの肌は敏感になっていますので、しっかり保湿ケアを
行わないと乾燥してザラザラになってしまいます。

 

また、毛抜きで一本ずつ処理する方法は、毛穴の周りの皮膚が
盛り上がってしまいブツブツの状態を作りやすくなってしまいます。

 

また伸びてきた毛が皮膚の中で成長してしまい出てこなくなる
埋没毛などのトラブルも招いてしまいます。長持ちはしても、
肌には非常にダメージの大きい方法などで極力やらないほうがよいです。

 

また脇は汗をかきやすく、雑菌も繁殖しやすい場所です。

 

きちんと洗わないと炎症が起こってしまう原因になります。

 

ザラザラやブツブツを治すためには、まず脇毛の自己処理を
やめることです。今は医療脱毛やエステサロンでの脱毛も
お手頃な値段で受けることができます。日々のお手入れからも
解放されますし、脇もきれいになります。

 

雑菌による炎症を予防するためにも、入浴時には脇の部分も
丁寧に洗って汚れを落としましょう。入浴後は顔や手足などと
同様に、脇にも保湿クリームを塗るようにしましょう。
保湿をしっかりすることでザラザラも改善され柔らかい肌になります。

 

また赤みやかゆみなどの炎症が起きていたり、埋没毛などが
ある場合は皮膚科で薬を処方してもらったり、毛を取り除く
処置を行ってもらったほうが早くよくなります。

 

適切なケアを行い、人に見せても恥ずかしくないすべすべの
肌を手に入れましょう。